エグゼクティブ枠で転職するには

エクゼクティブへの転職を希望する場合にはもともとエクゼクティブ枠を用意した求人を探す必要があります。ただ、ネット上の求人サイトで探してもエクゼクティブ枠の求人を見つけるのは困難でしょう。管理職や役員を広く募集するような企業はほとんどないからです。

ではエクゼクティブ枠で転職するためにはどのような手順が必要なのでしょうか。もっとも可能性が高いのはヘッドハンティング。向こうからのアプローチを待つ方法です。エクゼクティブとして求める人材は現在働いている企業でも一定のポストについているもの。そして同業種の間ではそれなりに名前を知られているものです。そのためヘッドハンティングの形での転職が多いのです。もちろん、ただ黙って待っているだけで他の企業から声がかかることはありません。転職エージェントに登録したり、転職を希望する企業と接触する機会があるときにそれとなくアピールしておくといった下準備が必要です。

手順ではもうひとつ、退職の仕方も重要です。先に触れたようにすでに高い地位に就いているケースが大半ですから、しっかりとした形で辞めることが大事になってきます。この点をおろそかにすると本人の評判が下がるだけでなく、辞める側と転職する側の会社の間でトラブルに発展してしまう可能性も出てきます。エクゼクティブ職ともなると転職は本人だけの問題ではないといえるでしょう。

エクゼクティブを対象にした転職エージェントもあります。こうしたサイトを利用すれば求人やスカウト制度をうまく活用できますし、職務経歴書など具体的な対策についてもアドバイスを受けられるので、上手に利用しましょう。